読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウソでしょ!アップルが欲しいならココっ~!

宮沢章夫は個人的にまた最近リバイバルしています。なんというのでしょうか!マックファンの人のとても観念的な話(?)とでもいうのでしょうか。PC、特にMACを全く知らないと面白さが半減してしまうかも…です。

これっ♪

2017年03月29日 ランキング上位商品↑

アップルアップルの人 [ 宮沢章夫 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

とにかく電車や人ごみな中では読んじゃ駄目。最初のエッセイから読んでいますがどれも脱力します。そんな感想すら!宮沢章夫の前では無意味なのでしょうが。どうしたことか!周期的に読みたくなります。アップルやマックの関連本は!見つけるとすぐに買ってしまいます。。アップルやMacを使ったことが無い方でも楽しめると思います。アップルですが!アップルの話ではありません。「わからなくなってきました」が最高ですね。個人的には「アップルの人」ではないのですが、十分楽しめました。この「アップルの人」については面白いといえば面白いのですが、 ・アップルネタとして旬でない(過去の連載分のため) ・着眼点でオッと思わせるネタが少ないという点で、正直あまり好印象ではありませんでした。私は作者買いです。アップルをテーマにしたおもしろエッセイ集です。著者のエッセイを昔から読んでいますが、昔の作品のように電車の中でも笑ってしまう、というほどの面白さではないかも…。「アップルの人」だったらなおさらもっとがははと笑えるのかな!とは思いましたが。宮沢章夫氏の本は、着眼点がオッと思わせるところにある点が好きです。マックパワーに連載されたエッセイを文庫にまとめたもので、マックと直接関係のない展開も多いですが、くすっと笑えます。生真面目な方はお止めになったほうがいいかもしれません。アップル好きの人でなくても!とにかく笑いたい方へお勧めします。Windowsユーザーですが面白かったです。コンピュータ雑誌に連載されていたようですが!専門的でこむずかしい話は一切なく!いつものエッセイの調子でがははと笑って読めますよ。